ハートを鷲掴みする不動産探しの旅┃収益率を見た資産運用の手引

一軒家

不動産売却に重要なこと

査定額の根拠は重要です

不動産

多くの方にとって最も高額な買い物になる住宅。そして住宅を売却する際にも、当然高額になります。3万円の10%はわずか3000円ですが、同じ10%でも3000万円であれば300万円に上ります。不動産を売却する時には、少しでも高く売却したいもの。私も先日住んでいた明石の家を売却しました。その時に経験した中でも、重要だと感じたことを挙げていきたいと思います。 何より重要だと感じたのは査定です。しかし重要なことは査定額ではありません。もちろん少しでも高く売却したかったため、査定額には十分な関心を払っていました。しかし重要なことは、なぜその査定額になったのかという説明です。その査定額になった理由が明確であればあるほど、その後の不動産売却がスムーズにいくのです。

複数の会社に査定依頼を

不動産を売りに出してすぐに買主さんが見つかることが理想です。しかし世の中理想ばかりではありません。なかなか売れずに、売り出し価格を下げる必要に迫られるかもしれません。しかし、査定額の根拠が明確であれば、ここまで価格が下る可能性があると事前に把握することも可能なのです。 また査定を依頼する不動産会社選びにも一工夫が必要です。私は全国区の不動産会社、明石の地場の中で大きな不動産会社、そして明石の家の近くの小さな地元の不動産会社に査定の依頼をしました。不動産会社と言っても得意としていることは様々です。全国区であればネットワーク網が広いため、遠方に住んでいる方にも情報を届けることができます。不動産は近くに住んでいる方が購入することが多いため、地場であれば地元に強く、全国区とは違った購入希望者を見つけることがあります。そのため複数の査定依頼をすることが重要です。 明石での不動産売却で特に重要だと思ったことはこの2つですが、その他の地域でもこの2つはとても重要になるでしょう。